<< DJカーニバル 2013年8月 | main | DJカーニバル 2013年10月 >>

DJカーニバル 2013年9月

   ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未の二人が毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

9月22日(日)午前11時オンエア、再放送は9月24日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。

インターネットでもリアルタイムで放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

↑こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。

これまでは放送時間にラジオの前に座っていないといけなかったDJカーニバルですが、hatao & namiのホームページより、録音をいつでも聴けるようになりました!

先月までの放送内容はこちらからお聴きいただけます。
タッキー816みのおエフエム提供)


今回は、8月の北欧旅行についてのお話や、北欧のサマーキャンプで習った曲を披露したりと、北欧がテーマとなっています。

1.Filifala ”Zao”より"Loudéac"

ブルターニュのダンス・バンドからロンドで幕開けします。

2.Svanevit より"Svanevit"

スウェーデンのハーピストのErik AskUpmarkさんの参加するバンド。男性ボーカリストによる歌です。Medieval BalladとPolonaiseがもとになっています。Svanevitはこの物語歌に登場する騎士の名前です。

3.Helen Davis "Chasing the breeze" よりDans, Proportion, Serras (Rastum Storm)と赤とんぼ(山田耕作)


デンマークはコペンハーゲン在住のウェールズ人ハーピスト、ヘレン・デイヴィスさんのCDより2曲。ケルト、北欧、日本の3つのジャンルを録音したソロ作品です。「赤とんぼ」はアイルランドでハープを教えていた時代に生徒だった日本人ハーピストとの交流から習った曲だそうです。

4.Tone Hulbaekmo ”Kyrja"より"se, solens skjonne lys og prakt"

ノルウェーのシンガー、ハーピストのトーネ・フルベクモのCDより。
「見よ、太陽の光の美しさと素晴らしさ」という意味で、時間をかけて丘に暮れてゆく太陽の美しさを歌った曲です。

5."kva er vel eit menneske"

トーネのお父さんのAlfは、小さな村の教会でオルガニストを務めていました。お父さんが作った曲です。

4.

6.Annbjorg Lien & Bjorn Ole Rasch”Come Home”より”Phelia ,January”

ノルウェーのフィドル奏者アンビョルグ・リーエンと、一緒にバンドBukkene Bruseで演奏しているオルガン奏者のビョーン・オレ・ラッシュのデュオ作品から。


次回は10/27(日)11時〜の放送です。どうぞ、お楽しみに!

at 08:04, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://radio.irishflute.info/trackback/25