<< DJカーニバル 2013年10月 | main | DJカーニバル 2013年12月 >>

DJカーニバル 2013年11月

  ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未の二人が毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

11月24日(日)午前11時オンエア、再放送は11月26日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。インターネットでもリアルタイムで放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

↑こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。

これまでは放送時間にラジオの前に座っていないといけなかったDJカーニバルですが、hatao & namiのホームページより、録音をいつでも聴けるようになりました!

先月までの放送内容はこちらからお聴きいただけます。
タッキー816みのおエフエム提供)

1.守安功、守安雅子、佐々木実穂子「ブルームズベリー・マーケット」より「ギャザリング・ピースコッズ」



日本人でアイルランド音楽に長年関わり、たくさんの書籍やCDを発表されている守安ご夫妻と、佐々木実穂子さんによる初のCD。守安功さんはリコーダー、 アイリッシュ・フルートを、奥様の雅子さんはアイリッシュ・ハープ、コンサーティーナ、バウロンを、佐々木さんはキーボード、ダイアトニック・アコーディ オン、コンサーティーナを演奏されます。

学生時代に守安さんの本「アイルランド 酒・人・音」を読み深く影響を受けたhatao。最近の守安さんはリコーダーを演奏されていると知り、購入 しました。本作品では、アイルランドを離れてイギリスをテーマに、古楽から伝統曲、ビートルズまでイギリス音楽の魅力を、ユニークで斬新なアレンジで演奏 しています。演奏のクオリティはもちろん、古い曲を曲を生き生きとさせるアイデアに、音楽家としての類まれな才能を感じます。奔放で大胆不敵なリコー ダー!お楽しみください。



2・コトリ木「ハッピーバースデー」より「月の庭」

日本人つながりで、加古川を拠点に活動している女性ボーカリスト、コトリ木の新譜「ハッピーバースデー」をご紹介します。
コトリ木は藤木信希(ふじき しの)さんのソロ・プロジェクトで、主に自作曲を歌っています。10月にhatao & namiで加古川の喫茶店チャツワースさんにてコンサートをした際に飛び入りゲスト参加して下さり「月の庭」を歌って下さいました。
この曲はアイルランドの有名な歌"Down by the salley gardens"をアレンジしたもので、日本語の歌詞で歌っています。namiさんの参加するバンドShanachieとゆかりがあり、新譜 の"Ljus"で藤木さんが1曲歌で参加しています。Shanachieとはまた違った、ピアノ伴奏による「月の庭」をお楽しみください。

コトリ木のホームページはこちら。
http://kotoriki.gooside.com/

3・Jean-Pierre Yvert ”Durspel från Dalarna” より”Den som hade”



スウェーデンのダーラナ地方に住むアコーディオンと柳の笛演奏者の「JPさん」ことジャン・ピエール・イベールさんの初ソロ・アルバム。JPさんはそのお 名前からもわかるとおりフランス人で、パリの学生時代にスウェーデンの伝統音楽に魅せられ、スウェーデンに移住しました。本作品ではフランス人の心の楽器 アコーディオンでスウェーデン音楽を演奏。長年の経験の蓄積と、伝統音楽への愛情を感じます。
 
4.Bard (바드) - ”ROAD TO ROAD”より「子供時代」


 
韓国のアイリッシュ・バンドのBardをご紹介します。hataoは10月に初めて韓国に行き、ソウルのアイリッシュ音楽ファンの方々とセッションで交流しました。ラジオでは韓国のアイリッシュ・シーンについてお話します。

Bardは、アコーディオンやティン・ホイッスルのヘリさんと、ギターやバンジョーのジョンアンさんの2人によるユニット。本作品は韓国のSONYから発 売されており、とても人気があります。歌がとっても素敵な、ケルトなのにアジアを感じる音楽です。素敵なPVもご覧下さい↓
 

5.Jidder "Music of Skåne"より” Älskelig vän ”



スウェーデンの南部スコーネ地方の音楽を演奏するJidderのデビューCDです。フルート、フィドル、ブズーキのト リオで、フィドルの女性が歌います。スウェーデンでは珍しいアイリッシュ・フルートですが、れっきとした伝統があり、ラジオで少しお話します。楽器編成か らも、アイリッシュを聴いているようなサウンドですので、北欧初心者のアイリッシュ・ファンの方にも楽しんで頂けるのではないでしょうか。

こちらで試聴ができます。
http://musicofskane.com/
 


6.Petterson & Fredrikson "Sotali"より"Brand"
スウェーデンの、ニッケルハルパとマンドラの美男子2人のデュオです。クールな音楽性と弦楽器の響きが魅力的。音楽をダウンロードして買うこの時代ですが、このCDのジャケットはとっても凝っており、手に取る価値があります!
表紙に窓が空いていて、中のイラストを覗くようになっているのです。ラジオではnamiさんが「イケメン!男前!」と珍しく熱く語っています(笑) こちらで試聴できます。
 


 
次回は12/22(日)11時〜の放送です。どうぞ、お楽しみに!

at 07:41, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://radio.irishflute.info/trackback/28