<< DJカーニバル 2014年3月 | main | DJカーニバル 2014年5月 >>

DJカーニバル 2014年4月

ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未の二人が毎月1回ペースでお送りしてい る、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。インターネットでもリアルタイムで放送をお楽し み頂けます。


http://fm.minoh.net/

↑こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。

これまでは放送時間にラジオの前に座っていないといけなかったDJカーニバルですが、hatao & namiのホームページより、録音をいつでも聴けるようになりました!こちらからお聴きください。
http://hataonami.com/radio.html

2014年4月に放送した曲をご紹介します。

先月までの放送内容は
こちらからお聴きいただけます。
タッキー816みのおエフエム提供)
 

1. 宗次郎"オカリーナの森から2"より"天上の祈り"


4月に和歌山でコンサートをご一緒させて頂いた、オカリナ奏者の宗次郎さんの最新アルバムから。いつも誠実に、自分らしく音楽を作り続ける宗次郎さんの姿勢が大好きです。

2.Han Chung Eun "Forest"より"Jindo Arirang"

韓国の友人からプレゼントして頂いたCDです。ハン・チュン・ユンさんは韓国の竹笛テグム奏者で、韓国の伝統音楽のスタイルに基づいて、ポップなオリジナル音楽を演奏しています。この曲では、スウェーデンのジャズアカペラ・グループのReal Groupと共演。韓国のアリラン(民謡)を、スウェーデンのポルスカとしてアレンジしています。


3.Kjersti Wiik"Ro ro til Siraland"より"Se, solens skønne lys og pragt"

ノルウェーのトラッドばかりを集めた1999年作のCDより。
以前ご紹介したTone HulbaekmoのSe, solens skønne lys og pragtと、全く同じ歌詞の別バージョン。
どちらも、太陽の光の美しさを称える内容の、とても美しい曲です。


4.Flook"Haven"より"Tir Rafartaigh"

アイルランドのハーピストMichael Rooneyが作曲したメロディを、人気のバンドFlookがアレンジするとどうなるか?という聴き比べです。Flookの聴き間違いで、タイトルが変わってしまい、さらに拍子までも変わってしまっているのにも注目。

5.Pettersson Fredriksson "Brand"より"Två inlandspolskor"



スウェーデンの笛製作者グンナル・ステンマルクさんのホームページにある、笛だけの参考音源が、ニッケルハルパとマンドラのデュオ、ペッテルソン フレデリクソンによってどのようにアレンジされるのか?聴いてのお楽しみです!

6.hatao & nami "Silver Line"より"Punch in the dark"



6月に発売する、hatao & namiの1stアルバムから先取りします。
こちらで先行販売中。




 

at 05:40, hataonami, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://radio.irishflute.info/trackback/32