<< 明日on-air!ラジオ「DJカーニバル」のご案内 | main | 思い出のクリスマス・プレゼント >>

11月20日(日)のDJカーニバル

奈未さんと一緒に毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。20日(日)の午前11時、再放送は22日(火)15時、21時から放送します。 奈未さんの自宅スタジオで、ほのぼのお送りしています。

今月から、インターネットでも放送をお楽しみ頂けるようになりました。

http://fm.minoh.net/
こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。

これまで北摂地域の方のみが受信できたので、ケルトに興味のある人が北摂にどのくらいいるかな…と心細い気持でもありましたが、これで、世界規模での僕たち声が届きますね!今回から初めて聴く方も多いはず。僕たちとリスナーとの新たな出会いです。

そこで、今回のテーマは「ケルト北欧音楽との出会い」。今回は、奈未さんが学生時代に出会い、良く聞いていた音楽を特集。独特のこだわり、センスの光る奈未さんがどうやって今に至ったのか、知りたいですよね。

まず、カナダのシンガーソングライターSarah McLachlan Touch (1988) よりOut of the Shadow。今は大御所ですが、当時は知る人ぞ知る存在だったのだとか。ケルトの影響があると言われる楽曲作りですが、確かにこの番組で流しても全然違和感がありません

フィンランドのロック?グループVarttinaの Kokko (1996)よりTuulilta Tuleva。民族音楽の匂いのするロックという感じです。この作品は日本でも話題になり、世界中で一番売れたヴァルティナのCDだそうです。

アイルランドの歌手Sinead O'Connor 蒼い囁き(1990)より、I Am Stretched On Your Grave。物語歌の世界にはまるきっかけとなった歌だそうです。このCDも、シニードの一番売れたCDだそう。無機質なドラム、ベースと淡々とした歌が不思議な世界を作っています。

奈未さんが紹介したのは3曲とも歌だったのですが、昔は歌に興味があったんですね。最近はインストものばかり聴いているそうです。どんな音楽でもそれなりに好きで幅広く聴いていた僕とは違ってセンスのいい人は聴く音楽も厳選しているんだなあ…。じゃあ、そのセンスはいったいいつ、どこで磨かれたの、幼少期でしょうか? 気になりますねえ。

生演奏コーナーではMorning Starから始まるアイルランドのダンス曲4曲メドレーをハープとフルートで演奏。

新譜や今月のお気に入りのCDを紹介するコーナーでは、北欧の2枚。Valkyrien Allstarsの新譜Ingen hverdagより6曲目Melodi、ノルウェーのフィドル2人組が中心となったユニットSpindelをかけました。

来月は12/25の放送。もちろん、「クリスマスに聴きたい音楽」をテーマに選曲していきます。リクエストも受付しています! お便り下さい、お待ちしています!

at 05:58, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://radio.irishflute.info/trackback/6