DJカーニバル8月「秋の支度」

 ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未さんとで毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

2012年8月の放送は、26日(日)の午前11時、再放送は28日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。

インターネットでもリアルタイムで放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

↑こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。

さて、猛暑日が続く8月ですが、みなさんは夏らしいこと、ありましたか?

奈未さんは、先日、近江八幡に行ってきたそうです。建築家ヴォーリスの建物で、シャナヒーでいつかコンサートをするお話しが持ち上がっていて、その下見と打ち合わせでした。

ヴォーリスといえば、奈未さんの母校、神戸女学院大学の建物を設計した人でもあります。ご縁を感じますね。最近、一緒に神戸女学院大学を訪れる機会がありましたが、素敵な建物でした。

hataoは、熊野の友人の結婚式に車を飛ばして参列してきました。演奏をして、彼女のために特別にCDブックをプレゼントしました。奈未さんも録音と演奏で協力して頂き、中には2曲収録しました。

最初にご紹介する曲は、そのCDブックから、オリジナル曲「自由な鳥」。ミステリアスで、美しい雰囲気の曲をハープとフルートで演奏します。

お気に入りの曲コーナーでは、hataoはイングランドのバンド「422」のアルバム"Go forth"をご紹介。



彼らは1990年代にサマースクールで出会い、1999年にBBC2のヤングフォークアウォードを受賞。メンバーのうち2人はレイキというヒーリングを職業にしていたり、大学の数学教授だったりします。才能溢れてうらやましいですね。

奈未さんからは、この夏にずっとハマって聴き続けていたというK.A.Nのアルバム"Sleeper"より"one-two-three"をご紹介。



イングランド発のアコースティック・バンド。ジャンル分けができない、近未来の音楽という印象です。メンバーは笛のBrian Finnegan、フィドルのAidan O'Rouke、パーカッションのJames Goodwin、そして先ほどの422のギターリストのIan StephensonはK.A.Nのメンバーでもあります。

さて、立秋を過ぎ風の中にも秋の匂いを感じるこのころですが、テーマは「秋の支度」。今年度の後半の活動を考えつつ、選曲しました。

1曲目は、奈未さんから。フィンランドのピアニスト、Timo AlakotilaのCD”Vapaassa Tilassa”より。



洗練されたピアノ演奏、アコーディオン、スキャットによる、涼しげな曲です。奈未さんは、最近ハープの曲が充実してきたので、今後はピアノの曲を増やしていきたいそうですよ。

hataoは、最近届いたばかりの、スウェーデンの笛を実演紹介。木でできた2本の笛はかわいらしいデザインで、北欧の音色がします。

この秋は、北欧音楽にはまってみようと思っています!10月に、スウェーデン・カフェでコンサートがあるので、それまでにレパートリーを開拓したいものです。



曲は、ノルウェーの笛吹きHans Frederik Jacobsenさんのアルバム"Jol"から2曲。彼のことは奈未さんから教えてもらったのですが、最近のhataoのヘビーローテーション・アルバムです。皆さんにも彼の魅力を知ってほしいです!



北欧の笛といえば、スウェーデンの笛吹き、ヨーラン・モンソンさんや、奈未さんもシャナヒーで出演する、イベント「北欧音楽のピクニック」は9月17日に、大阪万博公演で。
hataoも遊びに行く予定です。詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.nordic-picnic.com/

終わりの生演奏のコーナーは、友人の結婚式のために制作したCDブックより、「ノルウェーの結婚式マーチ」。ずっとやりたかった曲でしたが、このたびピアノでアレンジをして、完成させました。hataoはスウェーデンの笛を演奏しています。

次回は9/30(日)の放送です。きっと、もう涼しくなっている頃ですね。どうぞ、お楽しみに!

at 16:15, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

DJカーニバル7月「涼しくなれる音楽」

ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未さんとで毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

2012年7月の放送は、22日(日)の午前11時、再放送は24日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。

インターネットでもリアルタイムで放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。

さて、先月(6月)は野外演奏も含めhatao & namiとしてたくさんのコンサートがありました。印象的だったのは、シンガーソングライターのAkeboshiさんから急きょ舞い込んだ、大阪公演でのフロントアクト(前座)のお誘い。

ラジオの1曲目は、Akeboshiさんにゲスト参加していた東京のアイリッシュ・フルート奏者の豊田耕三さんがリーダーを務めるO'JIzoのCD"Highlight"より、"where is the jig"。アイルランドの情感たっぷりなスロー・エアーでオリジナルのジグを挟んだ構成の曲です。

続いて、お気に入りの曲をご紹介するコーナー。

奈未さんは、クロアチアのバンド「Afionn」から「slavuj」。
モダン・フルートが入ったボーカル曲。ちょっとギリシアっぽいエキゾチックな雰囲気もある楽曲です。曲名が読めなくてタイトルご紹介できませんでした。こういうことは、時々ありますがご容赦くださいね!

hataoは、デンマークのリコーダー奏者ミカラ・ペトリの演奏する、ノルウェー民謡「ポールはめんどりを庭にはばたかせ」。ペトリの故郷である北欧のクラシック民謡を収録したCD「スカンジナビア・ムード」から。

今月のお気に入りは2曲でした。
コーナーの間にはオリジナルのジングル(短い曲)を挟んでいます。何の曲かはお楽しみに!

今月のテーマは、「涼しくなれる音楽」。本格的に猛暑を迎えて、音楽だけでも涼やかな選曲をしたいと提案しました。

奈未さんはスコットランドの歌手Alyth McCormacのCD"The edge"より”selky”。セルキーというのはアザラシの妖精ですね。海にまつわる、クールなボーカル曲です。

hataoは、ノルウェーのSkrekk(スクレック)をご紹介。
スクレックはノルウェーのブロードサイドバラッドを歌う女性2人シンガーを中心としたユニットです。ブロードサイドバラッドというのは、19世紀に流行した、悲恋や犯罪や怪談などをテーマにした物語歌で、教訓がこめられています。

ここで、二人の「ゾッとした話」で雑談。

最後に、奈未さんからノルウェーの歌手「Helene boksle」の"heiemo og nykken"。
水に住む妖精が人間の女性「ヘイエモ」に恋をして、水に引きずり込んでしまうという民話が元になった歌です。ゾッとしますね!

最後に生演奏コーナーで、ノルウェーの「睡蓮」を演奏して、お別れです。
来月も、どうぞお楽しみに!

at 21:53, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

DJカーニバル5月「夫婦デュオ」

ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未さんとで毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

2012年5月の放送は、13日(日)の午前11時、再放送は15日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。
インターネットでも放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。
前回の放送から、色々な出来事があった充実したひと月でした。
3/31の「縁 -enishi- 」アンコール公演や、被災地への旅行、熊野ツアーの様子などをお話しして、嵐山の音やさんで行われたお箏の石田真奈美さんとの「春の海」をお聞き頂きます。 お気に入りの曲をかけるコーナーでは、奈未さんは、元・ヘドニンガルナというバンドSuden Aika "unta (the dream)"を。これは、フィンランド、スウェーデンの混成4人組で、アフリカンのループするパーカションの上で、2人ひと組のコーラスがかけあうという、浮遊感のある曲。

僕は、フランスの古楽バンド"Les Musiciens de Saint Julien"のSpagnolettaを。力強いリズム、美しい和音の移り変わり、技巧的な変奏が素晴らしいです。

続いて、奈未さんはノルウェーのフィドル奏者Susanne Lundeng より"Ættesyn"。ジャズ・カルテットの編成で、斬新なスタイルの演奏です。

最後に僕から、ブルターニュのフルート奏者Sylvain Barouの”Ridée”。最近、Ridéeを奈未さんとアレンジしているとことですので、聴いてほしかったんですよ。
今回から、「今月のテーマ」に進む前に、奈未さんのハープで弾く短いジングルを使うことになりました。「雨上がり」という曲のワンシーンです。どうぞお楽しみに!

さて、春になるとお茶積み、初ガツオ、筍など、初物が出てきます。そこで、今回テーマ「スタジオの思い出」。初めてのCD制作の思い出などを語ります。 曲は、初めてのCDを出した、フルートとフィドルの京都のメガネ男子アイリッシュ・ユニット「猫モーダル」のHave a pint of whiskey。

続いて、三重県の松阪市で活動する夫婦ユニット、カンランの新譜から「大地のように」。
最後に、大阪のアイリッシュ・トリオknit新アルバム「残暑見舞」から"Urban Gypsy"。

生演奏コーナーは、イングリッシュ・トリプルホーンパイプのセットで「夜間飛行」をお送りして、お別れです。 来月の放送は6月17日(再放送は19日)です。どうぞお楽しみに!

at 12:15, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

DJカーニバル4月「夫婦デュオ」

 ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未さんとで毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

2012年4月の放送は、8日(日)の午前11時、再放送は10日(火)15時、21時からです。奈未 さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。

インターネットでも放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレー
ヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。

冒頭の曲は、去年発売された関西のケルト音楽奏者によるコンピレーション・アルバム「ケルトシットルケ vol2」から、松坂健:イリアン・パイプス、貴瀬修:ブズーキによる、 ”Na Connerys”。アイルランドの伝統的なスロー・エアーです。今度5/13に神戸電子専門学校ソニックホールで、アルバム参加者(+シャナヒー)によるイベントがあります。楽しみですね。

詳しくはこちら…
http://www.beatshop.co.jp/glen_music/live.html


さて、今回のテーマは奈未さんが提案してくれた「夫婦デュオ」。先月の「恋の音楽」に続いて、良い流れですね!
 
まずは僕から、ウェールズのバンドFernhill より、"Cowboy"。「タムタムタム…」というハミングが楽しい、動物をテーマにした曲です。ギター、フルートのケリ・マシューズさんと歌のジュリア・マーフィーさんの素敵な夫婦を中心としたバンドで、去年もウェールズでお会いしてきました。

奈未さんはノルウェーのハープ弾き語りトーネ・フルベクモ&笛吹きハンス・フレデリック・ヤコブセン による"Hip hip halling!"。僕たちと同じ、ハープと笛のデュオいいですね〜気分が盛り上がります。

僕からは、アメリカのデュエットShannon & Matt Heatonによる"Lilly of the west"。ホームページから、とても仲良しぶりが伝わってくる夫婦デュオです。
有名なイングリッシュ・バラッドをアイリッシュ風にアレンジしています。恋人に裏切られた男が取った行動とは…?

奈未さんから、箕面でアイルランド音楽を演奏する山本ご夫妻によるデュオPookaよりオリジナル「みちくさかえりみち」。奥様の晴美さんのコンサーティナと旦那様の篤さんのギターの懐かしい音色。暖かなメロディです。

続いて、お気に入りコーナー。

僕からは、新感覚なイングリッシュ・バグパイプ・バンドZephyrosよりOverture。
重厚なバグパイプのハーモニーと掛け合いが楽しめる、ちょっとゲーム音楽っぽい壮大な曲です。

奈未さんからはフィンランド・北カレリア地方出身のPauliina Lerche(パウリーナ・レルヒェ)のMalanjaより、"Vot I Kaalina"。奈未さんが好きなヴァルティナのオリジナル・メンバーということもあるのか、ロックテイストのヴォーカル曲です。

最後に僕たちの生演奏で、3月によく演奏した朧月夜でお別れです。

来月の放送は5月13日(再放送は15日)です。どうぞお楽しみに!

at 18:34, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

DJカーニバル3月「恋の音楽」

 ケルトの笛hataoとピアノ&ハープ弾き上原奈未さんとで毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。

2012年3月の放送は、4日(日)の午前11時、再放送は6日(火)15時、21時からです。奈未 さんの自宅スタジオから、ほのぼのお送りしています。

インターネットでも放送をお楽しみ頂けます。

※3月4日(日)の放送は、局舎停電の影響でインターネット放送が休止になります。3月6日の再放送はお楽しみいただけます。

http://fm.minoh.net/

こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。


この番組は5週に一回担当させて頂いていますので、2月は放送がありませんでした。3月のテーマは、「恋の音楽」。
2月はヴァレンタインデー、3月にはホワイトデーがあり、寒い季節ではありますが想いが実った恋人たちは春を先取りしているかもしれませんね。一方で、想いをひそかに抱き続けている人もいることでしょう。

伝統音楽にも、恋にまつわる音楽はいっぱいあります。そんな曲を僕たちのこだわりで選曲しました。

まずは、僕たちの最近のお気に入りの曲をご紹介。

1曲目はスコットランドのThe Finlay Macdonald Bandの"ReEcho"より"Funky Monkey"のリールセット。時代の最先端を行くハイランド・パイプスの音楽を、切れ味抜群のアンサンブルでお楽しみください。
2曲目はノルウェーのフィドル・ユニットMajorstuenのCD"Majorstuen"より "Majorstu-X"

3曲目はスコットランドの新感覚のピアノ奏者James Rossより"Iggie and Squiggie"のセット。ピアノらしい魅力がつまったちょっとコミカルな曲です。

4曲目はノルウェーのバンドDvergmal"のCD"Song I Himmelsalar"より "Eg Trur"。去年来日してシャナヒーと共演をしたスーダンデューダンのランゲレイク奏者でヴォーカリストのマリトさんも参加しています。
「恋の音楽」として、僕が一番演奏して気持ちが入るのはアイルランドのラブソングで"Coolin"。僕のCD「縁 -enishi- 」からの選曲です。

続いて、シャナヒーのCD「サリーガーデン」より「月の庭」。こちらも、アイルランドに伝わる若いころの恋の過ちを悔やむ"Down by the salley gardens"という有名な歌が原曲となり、日本語の歌詞が付けられたものです。
スコットランドのフィドル奏者Lauren MacCollのCD"Strewn with ribbons"より" 'S Trom Trom A Tha Mi (Sad Sad I Am)"。恋の歌かどうかは定かではありませんが、古いフィドルの曲で、とても切なくほろ苦い雰囲気が恋にぴったりです。 生演奏コーナーは、ティン・ホイッスルとピアノでイングリッシュ・ホーンパイプを録音。寒さを吹き飛ばす楽しい演奏です。 お別れの曲はJeremy Kittelの"Chasing Sparks"より"The Chase"。まさに火花が飛び散るような、チェロとフィドルの掛け合いをお楽しみください。

この次の放送は、4月8日(日)です。どうぞ、お楽しみに!

at 16:07, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

ケルトに出会うきっかけhatao編

奈未さんと一緒に毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。2012年1月の放送は、29日(日)の午前11時、再放送は31日(火)15時、21時からです。奈未さんの自宅スタジオで、ほのぼのお送りしています。

インターネットでも放送をお楽しみ頂けます。

http://fm.minoh.net/

こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。

1月のテーマは、「ケルトに出会うきっかけhatao編」。

去年の11月に、奈未さんがケルト、北欧に出会ったきっかけや昔よく聴いていた音楽についてお話ししました。12月はクリスマス特集をしましたので、もしかしたら待っていてくださったリスナーの方もいるかも(いると嬉しい)。

ということで、僕の1曲目はゲーム少年だった頃にお小遣いで買って聴いた「ファイナルファンタジー検.吋襯謄ック・ムーン」より、メインテーマ。これ、なんと20年経った今でもCDを持っていますが、シャロン・シャノンなど豪華なアイリッシュ・ミュージシャンが参加しているのです。

2曲目は高校生の頃に良く聴いていたピアニスト、村松健さんの「真冬の散歩みち」。アイルランドでの録音もあり、イリアン・パイプス奏者が参加しています。このCDが出た頃は、全然知りもしなかったなあ…。

3曲目は大学時代に出会ったボシー・バンド。当時は、このバンドのフルートのマット・モロイのようにフルートが吹きたくて、憧れていたのでした。

詳しいエピソードはオンエアで聴いて下さいね。

ほか、お互いに気に入っている曲を紹介しあうコーナーでは、奈未さんは スウェーデンのアカペラ3人娘 Irmelinの「Gyldene freden」から” Visa i vinden ”。先日ご紹介した同じくスウェーデンのアカペラ4人娘クラヤとはまた雰囲気がちがう、クールなアカペラでした。

 同じくスウェーデンのハーダンゲルフィドルの2人組み「Spindel」のCD「Aminje」から” Vargen Den Bose”。ピアノが入っているトラックです。

僕はボシー・バンドのアカペラ” Calum Sgaire” スコットランドに恋人を残してノルウェーに船出する船乗りの歌です。

ほか、生演奏コーナーでは、奈未さんが好きなノルウェーの美しい「睡蓮」を演奏。フィドルで演奏される曲ですが、フルートでの演奏をお楽しみください。

次回、2月は放送がなく、3月5日(日)です。どうぞ、お楽しみに!

at 23:33, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

思い出のクリスマス・プレゼント

12月25日放送のDJカーニバルで話題にのぼった奈未さんが貰った思い出のクリスマス・プレゼント。放送日までにブログに載せておかなきゃと思いつつ、すっかり忘れておりました m(_ _)m

奈未さんが大人になってからお母さんに貰ったプレゼントです。一見、ただの箱なんですが…

IMG_2206.jpg


こんな風に箱が開きます。ストーリーがあるカレンダーになっていて、クリスマスの25日まで、プレゼントを用意したり、ケーキを焼いたりと準備をする様子が、色々なしかけで楽しめます。

IMG_2205.jpg


全部展開すると、こんな風になります!開けてびっくりですね(^^)

IMG_2204.jpg


アメリカの製品でした。

最近、奈未さんの美的センスやこだわりは、お母さんゆずりなんだなと感じています。素敵なお母さんですね!!

大人になってからも嬉しいプレゼントのお話しでした。みなさんは、何をプレゼントしましたか?

次回は1月29日放送です。
 

at 16:24, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

11月20日(日)のDJカーニバル

奈未さんと一緒に毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。20日(日)の午前11時、再放送は22日(火)15時、21時から放送します。 奈未さんの自宅スタジオで、ほのぼのお送りしています。

今月から、インターネットでも放送をお楽しみ頂けるようになりました。

http://fm.minoh.net/
こちらのページから、「インターネットラジオを聴く」をクリックすると、メディアプレーヤーで自動的に配信されます。リアルタイム放送です。

これまで北摂地域の方のみが受信できたので、ケルトに興味のある人が北摂にどのくらいいるかな…と心細い気持でもありましたが、これで、世界規模での僕たち声が届きますね!今回から初めて聴く方も多いはず。僕たちとリスナーとの新たな出会いです。

そこで、今回のテーマは「ケルト北欧音楽との出会い」。今回は、奈未さんが学生時代に出会い、良く聞いていた音楽を特集。独特のこだわり、センスの光る奈未さんがどうやって今に至ったのか、知りたいですよね。

まず、カナダのシンガーソングライターSarah McLachlan Touch (1988) よりOut of the Shadow。今は大御所ですが、当時は知る人ぞ知る存在だったのだとか。ケルトの影響があると言われる楽曲作りですが、確かにこの番組で流しても全然違和感がありません

フィンランドのロック?グループVarttinaの Kokko (1996)よりTuulilta Tuleva。民族音楽の匂いのするロックという感じです。この作品は日本でも話題になり、世界中で一番売れたヴァルティナのCDだそうです。

アイルランドの歌手Sinead O'Connor 蒼い囁き(1990)より、I Am Stretched On Your Grave。物語歌の世界にはまるきっかけとなった歌だそうです。このCDも、シニードの一番売れたCDだそう。無機質なドラム、ベースと淡々とした歌が不思議な世界を作っています。

奈未さんが紹介したのは3曲とも歌だったのですが、昔は歌に興味があったんですね。最近はインストものばかり聴いているそうです。どんな音楽でもそれなりに好きで幅広く聴いていた僕とは違ってセンスのいい人は聴く音楽も厳選しているんだなあ…。じゃあ、そのセンスはいったいいつ、どこで磨かれたの、幼少期でしょうか? 気になりますねえ。

生演奏コーナーではMorning Starから始まるアイルランドのダンス曲4曲メドレーをハープとフルートで演奏。

新譜や今月のお気に入りのCDを紹介するコーナーでは、北欧の2枚。Valkyrien Allstarsの新譜Ingen hverdagより6曲目Melodi、ノルウェーのフィドル2人組が中心となったユニットSpindelをかけました。

来月は12/25の放送。もちろん、「クリスマスに聴きたい音楽」をテーマに選曲していきます。リクエストも受付しています! お便り下さい、お待ちしています!

at 05:58, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -

明日on-air!ラジオ「DJカーニバル」のご案内

奈未さんと一緒に毎月1回ペースでお送りしている、「タッキー箕面816 みのおFM」のラジオ番組、「DJカーニバル」。明日の午前11時、18日(火)15時、21時から放送します。

奈未さんの自宅スタジオで、ほのぼのお送りしています。



まずは近況報告ということで、先日のアイルランド人ギター奏者Sean WhelanさんのCDから彼のさわやかなギターのナンバー”End of Autumn”。もう秋も終わりですからね。

そこで、今月のテーマは「秋の夕日が似合う音楽」として、奈未さんと僕の夕日のイメージで選曲しました。最近見た夕日で印象的だったのは、博多湾の夕日。奈未さんも、家からの夕日が綺麗、とツイートしてましたね。

奈未さんは、スコットランドの歌手Maggie McInnes、ウェールズのCarreg Lafer、ノルウェーの歌手をセレクト。ウェールズのCarreg Laferは、シャナヒー結成時にレパートリーにしていた曲で織田さんがリコーダーを吹いていたそうです。

3枚のうち2枚を選んだのは「ジャケットが夕陽っぽかったから」って、そこかい!
奈未さんらしくて素敵です(笑)。

僕は手前味噌ですがButter DogsのAutumn Sunset、これは秋にギターの元太君と練習中、 夕陽が傾いてきて綺麗だったからこのタイトルになったんです。
Hanneke Casselの"Leaving JP" 美しいワルツです。
僕の生徒さんのバンドKnit(ニット)の曲「ヒガンバナの丘」。おうちに帰りたくなるような曲、と奈未さんのコメント。

二人でお気に入りの曲を1曲ずつ演奏する生演奏コーナーではスコットランド曲「我は恋に病み」をハープとフルートで演奏。情熱的で切ないメロディなんです。

告知コーナーでは、来月の11/3の「せぶす」
http://irishflute.info/live.html

Sudan Dudanとシャナヒーのジョイントコンサートをお知らせしました。
http://shanachie.jp/liveinfo.html

もっとリスナーに楽しんで頂ける番組にしたいと思っています。
どんなコーナーがあったら良いでしょう?ご意見下さると嬉しいです。

at 12:16, hatao & nami, -

-, trackbacks(0), -

2011年8月のラジオ

なんと1年間更新が滞ってしまいましたが、ラジオは放送が続いていますよ!

8月のラジオは7日(日)放送。

今回は、hataoが2カ月ヨーロッパ(イギリス、アイルランド、フランス)を遊学した帰国直後の収録ですので、前半はアイルランド、フランスのブルターニュ現地で録音した音源を交えて、レポート形式でお送りしています。

後半では、「夏に聞きたい、ちょっと涼しくなる音楽」というテーマでお送りします。ほんわかトークでおなじみの上原奈未さんは北欧系の選曲を、hataoはケルト各地の音楽をおりまぜて、皆さんに涼を感じて頂ける選曲を心掛けました。

生演奏のコーナーでは、アイルランドのO'Carolan's Draughtを演奏。すごいアレンジになっていますよ!

次回放送は8月7日(日)11時〜、聴いてくださいね。

at 08:24, hatao & nami, -

comments(0), trackbacks(0), -